最も歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉

として注目を集めている粉歯磨き粉

コナナノカ」ですが、粉という見た目もあり

化学薬品などをイメージして、添加物などを心配してしまいますよね。

そこで、主な成分を一つ一つ調べ、その効果や身体への影響を調べてみました。

 

粉歯磨き粉「コナナノカ」ホワイトニング成分の効果や副作用

アパタイト

コナナノカの特徴的な成分として、アパタイトというホワイトニング成分が配合されています。

Q. ハイドロキシアパタイトとは?

A. リン酸カルシウムの一種で、歯や骨の主な成分と言われて、ヒトの身体の中では水とコラーゲンなどの有機物に次いで多く、骨の約60%、歯のエナメル質の97%、象牙質の70%を占めています。

 

コナナノカに含まれているのは

  • 卵殻由来のアパタイト
  • 化石サンゴ由来のコーラルアパタイト

という2種類のアパタイトが配合されています。

主な効果として、歯の黄ばみや汚れを吸着除去します。

それに加えて、歯垢除去、虫歯予防、口臭予防などの効果もある優れた成分です。

 

コーラルアパタイトとは、長い年月をかけてサンゴが化石化したものです。

コナナノカに使用されているサンゴは約10万年前の若い化石サンゴで、純度が高く、細かいため、歯磨き粉に最適の成分なんです。

さらに、海の綺麗な沖縄与那国島の限られた所でしか取れない、良質な100%天然の化石サンゴ由来のアパタイトが使用されているそうです。

 

化石サンゴは天然ミネラルの補給、有害菌や毒素の吸着など、健康食品などにも使用されています。

歯磨き粉においても高い吸着力で歯の表面の黄ばみ、タバコのヤニ、コーヒー、赤ワインなどの色素の強い汚れを落とし、消臭力も発揮します。

さらに、従来の歯磨き粉では届きにくかった歯の表面の小さな傷を埋める力もあり、細菌の吸着効果も確認されているので虫歯予防にも効果があります!

 

アパタイトを含んでいるものはよく見るのですが、コナナノカにはこのコーラルアパタイトが含まれていることが特徴的です。

また、ハイドロキシアパタイトは人体を形成する主要な成分なので、身体への悪影響はなく、副作用なども考えにくいです。

 

アパタイトの他にも、コナナノカにはメタリン酸Naやポリリン酸というホワイトニング成分も使用されています。

メタリン酸ナトリウム

メタリン酸ナトリウムはアパタイトと結合して、ステインを除去する効果があります。

この成分は食品衛生法などで使用基準が定められていないので、安全と言えます。

 

ポリリン酸

ポリリン酸には歯の汚れや着色を落とすだけでなく、

歯をコーティングし、思考や着色汚れの付着を防ぎます。

つまり、対策×予防の両方の効果を期待できます。

歯科医などでホワイトニングに使われている過酸化水素は歯を白くする効果は大きいですが、

痛みを伴う可能性が高く、治療後も再着色しやすくなっています。

それと比較して、ポリリン酸は無痛ホワイトニング成分として有名で、

歯をコーティングすることによって、再着色しにくくなります。

コーティングと言ってもピンとこないかもしれませんが、コナナノカを使った後に

歯がツルツルしていれば、それがコーティングされている証拠です。

この成分も劇物等の使用制限がないため、危険な物質ではありません。

 

ここまでがコナナノカの主なホワイトニング成分の紹介となります!

簡単におさらいをすると、身体への悪影響のない成分が使用されており、安全に歯を白くすることができる言えます。

ここからはホワイトニング成分以外の効果や安全性の分析です。

コナナノカはホワイトニング以前に、歯磨き粉なので、虫歯の予防や歯垢の除去などの効果もあります。

 

ラクトフェリン

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、虫歯は口の中に潜伏している虫歯菌が鉄と結合することによって発生します。

しかし、コナナノカに含まれているラクトフェリンという成分が虫歯菌よりも早く鉄と結合することにより、虫歯を防いでくれます。

このラクトフェリンというのは、私たちの唾液に含まれている成分で、

口腔内に潜む歯周病菌などの病原菌や病原生物に対しての抗菌活性を示します。

なので、副作用のようなものはなく、唾液が果たしている役割を強化してくれる成分となります。

 

5種類の天然素材成分

その他にも、5種類の自然由来の成分が配合されており、

それぞれが口の中のパサパサやニオイをなくしてくれます!

サピンヅストリホリアツス果実エキス

天然の洗浄成分を多く含んでおり、気泡性、洗浄力に優れているオーガニック素材

チャ葉エキス

抗酸化作用や抗菌作用の他にも、消臭作用があり、様々な消臭製品にも使用されている

セージ葉エキス

強力な抗菌作用や抗真菌作用をもち、収れん作用があり、収れん作用と相まって歯肉炎や口内炎などの口腔粘膜の炎症や風邪による喉の腫れ・痛みにハーブティー、マウスウォッシュ、うがい薬として用いられる

ローズマリー葉エキス

抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用だけでなく、着色抑制作用もある優秀な成分です

カニナバラ果実エキス

ビタミンCを多く含むため抗老化作用以外にも、抗酸化作用や着色抑制作用がある

 

これら5つの成分は自然由来の成分となるので、副作用などの心配はありません。

 

なぜコナナノカ?

今までのジェルやペーストの歯磨き粉は水分を多く含み、せっかくのホワイトニング成分が薄まってしまっていました。

 

それを粉にすることによって、成分の配合量を増やすことができたので、粉歯磨き粉としてコナナノカが発売されたそうです。

また、水分を多く含む歯磨き粉は安定性を高める為に複数の添加物を使用する必要があります。

しかし、粉だと使用する添加物の量を大幅に削減できたことも要因の一つのようです。

 

コナナノカを使う時に気をつけること

分析の結果、コナナノカはいたって安全な歯磨き粉だということがわかりました。

しかし、使用するにあたって、いくつか注意しておくべき点があります。

コナナノカは今までのペーストやチューブタイプの歯磨き粉とは違い、水分を一切含んでいないので、

ホワイトニング成分が薄まることなく本来の力を発揮できます。

その代わりに多少口の中の水分が奪われるので、使い始めて間もない頃は違和感を感じると思います。

それは決して使い方を間違っている訳ではないはずなので安心してください。

 

なお、コナナノカは非常に散布しやすいです。電動歯ブラシと使用するとあちこちに飛び散ります。

蓋の開いたまま容器ごと落としたとなると悲惨です…くれぐれも丁寧に扱うことをお勧めします。

 

コナナノカの成分調査結果

  • 従来のホワイトニング歯磨き粉より歯を白くすることができる
  • コーティングして歯を着色や汚れから守ってくれる
  • ちゃんと虫歯予防・抑制機能もある
  • 安全んな成分構成で副作用などがない
  • 最初は慣れが必要

ということが分かりました。

歯磨きを使う最大の目的は「歯を清潔に、白く保つ」ということです。

どんなに安くて味が良く、パッケージがかわいくても

歯を守ることが出来なければ意味がありません。

それを考えると、この「コナナノカ」は

良い歯磨き粉と言えるのではないでしょうか。

気になった方は興味本位でも良いと思うので、

自分に合うのか、是非試してみて下さい!